2013

経営コンサルティング事業

孫子を読む(6) 「戦争は目的達成で終結させる」

 孫子第2編は「作戦編」となっています。内容は戦争を始めるにあたり準備しなければならないものが国家経済の観点から、戦争がもたらす害悪を指摘します。戦争をするための資材の確保、資金の確保、兵士の確保を行うにあたり国の負荷がかかることを問題...
経営論コラム

消費税転嫁対策特別措置法セミナー

 2013年9月19日付日本経済新聞夕刊の一面に「消費税8% 来年4月」の見出しが出た前日に、私は大東商工会議所主催の『消費税転嫁対策セミナー』の講師を行いました。これは2013年6月24日に成立し、同年10月1日から平成29年3月31日ま...
経営コンサルティング事業

「孫子」入門(5) 「戦争を始めるにあたって」

 孫子第2編は「作戦編」となっています。内容は戦争を始めるにあたり準備しなければならないものが国家経済の観点から、戦争がもたらす害悪を指摘します。戦争をするための資材の確保、資金の確保、兵士の確保を行うにあたり国の負荷がかかることを問題視し...
経営論コラム

特別寄稿を行いました。

特別寄稿を行いました。 浅野コンサルティング株式会社 特別寄稿 「会社の定期健康診断の勧め」
経営コンサルティング事業

「孫子」入門(4) 「詭道十三変」

『孫子』は「五事七計詭道十三変」と表現されます。前回は「七計」を取り上げましたが、今回は計画実行要素としての「詭道十三変」を取り上げます。孫子は「戦争行為の本質は敵を欺くことにある」といって13つの要素を挙げます。ここで、13の要素を検...
経営コンサルティング事業

『孫子』入門(3) 「事業計画の7要素」

『孫子』は「五事七計詭道十三変」と表現されます。前回は「五事」を取り上げましたが、今回は計画立案要素としての七計を取り上げます。孫子も「戦争計画を立案するに当たっては、次の要素をつぶさに吟味し、比較検討しなければならない」といって7つの要素...
経営コンサルティング事業

『孫子』入門(2) 五事七計詭道十三変

「孫子」が読み継がれている理由は一般的に「冷徹な人間観察を踏まえた普遍的な記述にある」とされています。この解説をひねくれて読めば「普遍的であるということは与えられた状況によってはどうにでも読める」ということがいえると思います。事実、20世紀...
経営コンサルティング事業

科学的方法論

    板倉聖宣博士が提唱した小中学生向け理科教授法に仮説実験授業があります。仮説実験授業とは、問題に対して予想、討論、実験による検証を繰り返すことによって科学的な思考方法を身につけるというものです。普通の授業とは異なり、ある事業に対して仮...
経営コンサルティング事業

『孫子』入門(1) なんで孫子なのか

 私はこのたび自身が属している大東商工会議所青年部が発信するネットラジオ”場外乱闘!青年部が行く on NET ”で番組改編に当たりコーナーを持たせてもらうことになりました。これを受けて、自称「経営戦略論しか語ることのできないコンサルタント...
財務部長代行サービス

情報を扱うには知性が必要です。

 情報記述の発達によって大きくなったinformationからintelligenceを取り出すには、単純にデータを処理、記憶、通信すればよいというわけではありません。単純なところでは、ネット検索ですら適切な検索用語を選ばないと意図...
タイトルとURLをコピーしました