財務部長代行サービス

経営論コラム

売上の改善

売上高を確保するために必要なものは科学的に割り出しものであることとともに人間臭いものです
経営論コラム

変動費のコントロール

変動費の改善を取り上げます。変動費の改善は単価の改善と数量の改善に分けることができます。単価改善は製造ラインにおける原価低減活動とリンクし、数量の改善は商品の目利きにつながります。とはいえ、この他に相手と交渉という方法もありますが、相手にメリットがない限り応じることは少ないでしょう。
経営論コラム

戦略的費用の改善

戦略的費用とは固定費のうち将来の成長に向けて行う投資的性格のある費用を言う。固定人件費、広告宣伝費、研究開発費、交際費、減価償却費を指す。削減するとプラスの影響もマイナスの影響も多い費用が戦略的費用である。
経営論コラム

自然的費用の改善

経費削減の順序は、自然初声的費用、戦略的経費、変動費の順序を踏みます。確かにこの方法は直ちに効果が出るとは限りませんし従業員のやる気をそぐ可能性が強いのですが、それでも生きなる変動費の削減を行うのは難しいです。
経営論コラム

決算書を作る

経営者と決算書の関係について述べてみました。決算書を作るのはいろいろな意味で経営者です。特に利益構造を決定することは経理部が作るものではありません。
財務情報

企業財務入門(25) 『経営者から見た銀行の役割』

今回は、経営者の側から見た銀行の役割について考えてみます。   「銀行家というのは、太陽が照っている時に自分の傘を差しだし、雨が降り始めるやいなや傘を返せというようなやつだ」と言う有名な言葉があります。実は、トムソーヤの冒険を書いたマー...
財務情報

企業財務入門(24) 『銀行取引の基本ルール2.[その6 ~ その10]』

銀行 は重要な取引先のひとつです。銀行の考え方を良く理解してください。以下、銀行とのお付き合いの仕方について言及いたします。(※注記;本コラムでは、金融機関を総称して「銀行」と呼びます。) ■『分相応な銀行とお付き合いしてください。』...
財務情報

企業財務入門(23) 『銀行取引の基本ルール1.[その1~その5]』

認識の有無は別として、ほとんどの中小企業にとって銀行は重要な取引先のひとつです。 銀行の考え方を良く理解していただきたいと思います。以下、銀行とのお付き合いの仕方について言及いたします。 (※注記;本コラムでは、金融機関を総称して「銀行...
経営コンサルティング事業

企業財務入門(22) 『金融機関の本質』

私は、マル経融資から始まって、保証協会付き融資、プロパー融資、シンジケートローン、エクイティファイナンス等、合計百億円以上の融資の受けた経験があります。 この経験を踏まえて、金融機関の融資の本質を整理してみます。 ほとんどの会社が、金融...
経営コンサルティング事業

『正しい相談相手を選びましょう』

ある独立開業者の方(Aさん;顧問先ではなく事後の相談であったため、対処の方法はありませんでした。)から、自己破産を申請したとの連絡がありました。飲食店を開業してからわずか6か月のことです。口座から日々減少していくお金を見ながら、大変不安な日...
財務情報

企業財務入門(21)『銀行が貸し出すのは「日傘」です。』

銀行(※信用供与を行う金融機関、メガバンク、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合などを包括して銀行と表現します。)には『雨傘』はありません。銀行にあるのはすべて日傘』です。銀行は、「雨が降れば傘を引き上げる」と比喩されるのはこのためで...
財務情報

企業財務入門(20) 『伸びる企業の共通点』

『伸びる企業の共通点』…重大な経営判断は経理の成果物を基に下されています。 正しい経営判断、確実な資金調達、最適な節税を行うためには、正確な経理が必要です。理由は、経理の成果物である財務諸表を基にそれらの判断が行われているからです。中...
タイトルとURLをコピーしました